ムアツふとんの「ムアツ」の由来は?
ずばり「無圧」です。圧力を感じない、無重力状態をイメージして、名前がつけられました。
ムアツふとんは何でできているの?
ウレタンフォームで作られています。一般にウレタンフォームといって思い浮かべるのは、自動車座席用クッションやマットレスと思いますが、これらで使用している一般のウレタンフォームと「昭和西川のムアツふとん」のウレタンフォームは、原材料から成分の配合率、それによって得られるウレタンフォームの性質は異なっています
ムアツフォームの性質は、一般のマットレス用ウレタンフォームと比べ(当社比)、「復元性」「硬さ」「強度」があり、「ゆがみ度」が少なく、「燃えにくい」という特性を持っています。昭和西川独自のノウハウによって開発されているオリジナルといえます。
ムアツの凸凹は、指圧と同じ役割のためですか?
ムアツの凸凹は、圧力を分散する役割を担っています。指圧は、一定部位を圧迫することによって生体の変調を矯正したり、健康の増進や疾患の治療を図る手技療法と言われます。
ムアツの凸凹は、凸の部分でソフトに身体の重さを受け止めます。点で圧迫するのではなく、点で支えるのが「ムアツふとん」です