近藤須雅子さん
ビューティ誌をはじめ、美容業界紙『WWD JAPAN BEAUTY』の人気連載「近藤須雅子の業界人探訪 あの人の話が聞きたい!」などで連載中。コスメの商品開発や広告、書籍の編集など、マルチな活躍を続けている。スキンケア、メイクアップのオールジャンル の美容知識と、鋭い切り口で定評がある。

実はここ2週間ほど胃の調子が悪く、
季節の変わり目は体調が狂うなあ
とは思っていたのです。
それが、先週半ばから、いきなり関節が痛くなって、起きられない。
寒気もする。
はっきりきっちり風邪です。
どうして、ここまで気づかない! 
いつも風邪のひきはじめは、胃痛をおこすじゃないか。
我ながら情けない。

で、休める仕事は全部休み、ベッドにもぐりこんだら、
恐ろしいほど眠れる。

土日は軽く13時間は寝ていました。

月曜、一瞬、復活したけれど、火曜には再び13時間爆睡。
昨日今日はまた小康状態です。

で、遅ればせながら、ハタと気づいたのが、
それだけ寝続けても腰が痛くないこと。
おお、すごいぞ。

風邪で具合が悪いうえ、腰まで痛いとやってられない。
ピンキーちゃんよ、ありがとう。

で、もうひとつ気づいたのが、
いつの間にか枕が低くなっていること。
よく、高い枕は首の横ジワをひどくすると言うから、
平べったい低反発枕を奮発していたのですが、
低すぎて辛く、結局手持ちの枕に重ねて使っていたのです、先日まで。
意味ないじゃん。
とゆーか、よけい高くなってるじゃん。

それが、今では、ほらこのとおり。

右側のグレーが低反発枕。かなりペタンコです。今はこれだけで十分。

これはかなり低いです。
この変化をつらつら考察するに、
以前は腰が沈んでしまうので仰向けに寝られず、
いつも横向きに寝ていたから、低い枕だと首が傾いて辛かった。

それが、今は仰向けに眠れるので、この高さで十分だということ。
マットレスひとつで、こんなにいろんな波及効果があるのか、と
今さらながら、感心しています。
う~ん、すごい。

相変わらず6時間睡眠の日々が続いています。
うーん、不思議。

ところで、女性の皆様、
睡眠中にブラ、します?

私はします。したほうが楽なんだもん。
愛用品はワコールの睡眠用ブラ。
でも、イイモノ発見しました!
ユニクロのスタイルアップ キャミです↓

ベージュがユニクロのキャミ。グレイはノンワイヤーブラ

 ルームウェアではなく、普通のインナーなのですが、
適度なサポート力があって快適。

ブラより楽だし、これからの季節、保温力もあってナイスです。

紺とベージュを買って、写真は(写りがいいから)ベージュ。
実際は、紺のほうがオシャレです。

ついでに、楽天でグレーのノンワイヤーのブラも購入。
こっちは睡眠時用。
どっちも1000円程度でワコール製よりお値頃です。
ワコール、ごめんね。

これで、いやがうえにも熟睡度が
さらにさらに高まるはず。

そうそう、そういえば、最近、夢を見るようになりました。
ここ10年くらい、ずっと見てなかったんだけど。

(医学的には、見てないのではなく、覚えてないだけだそうですが)
これも、ムアツ、ピンキーと関係があるのかなあ。
もう少し、様子を見てみます。

モニターさんたちのブログを読むと、
ぐっすりゆっくり眠れるという感想が多いみたいだけれど、
私は7~8時間睡眠だったのが、
5~6時間で起きるようになりました。

だからといって、寝足りないわけではないから、
熟睡するようになって睡眠時間が短縮されたのでしょうか。
そう言えば、この1週間、久しぶりに仰向けで快適に寝てるかも。
今回モニターに参加させていただいたのは、
ベッドが老朽化してスプリングがダメになり、
お尻の重みで腰が落ちて、翌朝、背中が痛かったから。
だから、ついつい横向きに寝るのが習慣になっていたのです。

欧米系ベッドの、ずぶずぶ沈み込んで
マットに包み込まれるような寝心地もたまにはいいけど、
疲れを癒し、身体を休めるためには、
ムアツの硬さはちょうどいい感じ。
ちなみにうちのムアツのピンキーは、
レギュラーよりやや硬めのデラックスです。

フェラガモの新香水の発表会で、ポスターの真似っこショット……笑ってやってください。こういうぽよよんベッドも素敵だけど、寝疲れしそう。

初めてのベッドタイムは……不思議な感じ。
表面がぽこぽこしているせいか、
ぬくぬくって感じではないけれど、
なんだか異様に寝付きがいい。 
ベッドに入ったらいきなり熟睡。
夜中に一瞬起きたけど、すぐ眠れたし。

今日はよーく寝ておく必要があったから、何よりでした。
お天気も昨日までの不安定さとは一転、青空で、幸先ばっちり。

ベランダから見える空もきれいなブルー

実は8時入りで美容室で髪を結い、
お師匠様のお手伝いで新白河でお茶会なのです。
腕前で勝負できないので、体力あるのみ。
丸一日、和服で立ったり座ったりだから、寝ていないと身が持たない。

で、熟睡の賜物で、お茶会後もこの余裕の笑み。

遠くに白河関の駅名が

帰りの新幹線の待ち時間、
駅名も帯も、(体力が)余裕の笑みもワンカットにおさめようと、
姉弟子さまが激写。
なんだか、卒業ウン十年目の同窓会帰りみたいですが

待望のムアツ布団がやってきました。
ピンク色だなんてかわいすぎ。ピンキーと命名いたします。

さっそく、ピンキーをお迎えするために購入した、無印のすのこベッドにいそいそとセッティング。

はりきってセッティング

うーん、自分ではかなりいい感じなのだけれど、写真で見ると味気ない。
で、ちらりとサービスショット。

ピンキーをめくっちゃったとこ。

なんだか微妙な写真ですが、ピンキーのかわいさが伝わったでしょうか。
これから始まるピンキーとのベッドタイム、楽しみです。ぞくぞく。